法律

宗教

中世の墓地

中世の墓地に思いを馳せてみる。前回の記事があまりにもハレ内容だったので、今回はアメ的な位置づけの話になる。みなさんの趣向はどこ向きなのかは知れないが、私は墓地などの神聖で静かな場所にこのうえない魅力を感じるのだ。 水木しげるなども、...
イタリア

ローマ帝国の誕生と死(中編)

前の記事からの続編です。 退役軍人への報酬 ローマが仮にイタリア全土を手中に収めたと言っても、互いに異なる民族同士がその翌日から手を取り合って笑ったり、商売したり、愛し合ったりするだろうか?ひとつの国を統一するのがそんなに簡単...
イタリア

ローマ帝国の誕生と死(前編)

ローマ帝国が後世のヨーロッパの文化を形成するに与えた影響の大きさは、今さら説明の必要はない。私は、この記事では、ローマがどのようにして生まれ、物語し、死んだ。という事実を淡々と書くことにする。 ロムルスとレムス ROM...
法律

中世の法(農村編)

中世の法について書く。最初に、法には二つの種類があることを言わねばならない。 『属領主義』と『属地主義』 ひとつは『属領主義』。これは、その土地で犯罪を犯した者に適用される基準である。例えば、日本とアメリカでは法律が違う。アメ...
タイトルとURLをコピーしました